生鮮本部水産一部 水産加工品チーム チームリーダー 中野 秀樹さん

先輩社員 マネージャー

東邦物産イズムをメンバーに伝えて、継承してほしい

1995年4月入社 生鮮本部水産一部
水産加工品チーム チームリーダー
中野 秀樹さん

マネージャーの仕事

一般的にマネージャークラスの仕事は「管理業務」との印象になると思いますが、営業職である私は日々積極的に営業活動も行い、国内外問わず出張に行く事も多く有ります。
仕事の守備範囲は幅広く、遣り甲斐はありますね。チームの業績向上を図るのは勿論のこと、人材育成、商品開発、既存商売の拡大、新規商売の構築の他、時には海外パートナーへの投資検討など様々な業務と日々向き合っております。

営業職としては、お客様とのより良い関係づくりをしながら、商売の広がりを常に追求しております。
また、部署の運営面で見れば業績向上を掲げ、日々邁進して行くと同時に人材育成も行う為、その責任の重さを日々実感しておりますね。

人材育成については特に若手を中心に教育する機会を多く設けております。日々コミュニケーションを密に取りながらOJTを実施しております。間近で彼らの育ちを実感できるのはマネージャー職として冥利に尽きます。一方でメンバーの育成以上に、私自身も日々学び成長を続け、ともにレベルアップを図っていく事が大切と思っております。チーム員の仕事の内容の把握は勿論のこと、良き相談相手、良きアドバイザーとして、また時には旗振り役としてチームを引っ張っていく事がマネージャーとしては必要ですね。

中野 秀樹さん

マネージャーから見るメンバー

職歴も経験も様々なメンバーが集まっているチームですが、皆チームの共通目標に向かって役割分担をしながら仕事をしております。個々の性格も十人十色ですが、前向きに業務に取り組む姿やお客様の為に何とか商売を作ろうとしている姿を見るととても頼もしいと思いますね。

私は入社当時の先輩上司に「お客様第一主義」を叩き込んでもらいました。お客様へのサービス提供を優先することで、利益は後から付いてくるという考えが、自分のビジネスにおけるモットーになっています。そんな東邦物産イズムとして残るアイデンディテイやDNAを伝えて、継承していってほしいですね。心ある対応にお客様もきっと喜んでくれますから。
メンバーからの悩みや相談事なども尽きませんが、日々コミュニケーションを密に取りながら課題を共有し、問題解決する様に努めております。

中野 秀樹さん

メンバーに声をかけるときのエピソード

声掛けの基本として私は挨拶を大事にしています。挨拶にはその場の雰囲気を和ます力があると思っています。勿論表情や声のトーンもとても大切な要素ですし、挨拶から始まる些細な会話も大事にしております。

一方、仕事をしているとそれぞれに壁にぶつかる事や悩みを抱える事も出てきます。一人で悩み抱え込んでいる様な時は自身の経験を活かしながらアドバイスもしますね。特にマイナス思考になっている時は、「物事はプラスにもマイナスにも捉えられる。追い詰められた時こそポジティブに考えよう。」と伝えています。もがきながらも問題解決をし、大変な状況を乗り越えた時、ひと回り成長した部下がそこに居ます。仮に失敗した事があっても、彼らが同じ失敗をしないように、次に繋がるような声がけする事を心掛けています。